多肉植物は寒さに弱いため注意や対策が必要です

冬のガーデニングの参考にどうぞ

ウーマン

冬のガーデニングの注意点

植えている植物が冬を越すことができるよう、冬に備えた準備などについて詳しく説明しています。枯らすことがないようしっかりと手入れをしてあげましょう。

READ MORE
庭

冬に花を育てるなら

冬のガーデニングに最適な花を幾つかピックアップしています。寒さに強い花であれば、冬でも育てるのはそう難しくありません。寂しい雰囲気にしないよう、冬でも花壇を彩っていきましょう。

READ MORE

冬の多肉植物の管理

多肉植物は低温に弱い物が多い

植物の中でも多肉植物は特に低温に弱い植物が多いので、冬を超えさせるためには屋内屋外どちらで育てている場合でも注意が必要になってきます。育て方に合わせて準備をしていくようにしましょう。

屋外で冬を越す準備

冬の寒さから多肉植物を守るためには、外の温度確認のために湿度計を置き、発泡スチロールやダンボールなどで雪や霜を寄せ付けなくすることが大切です。また、日差しの暖かな日中は光を浴びせるようにしてあげたり、水をあげる際は土の湿り気などを確認しながら、極力控えめにあげるようにしましょう。

屋内で冬を越す準備

室内で多肉植物を育てる時も、室温に気を配る必要があります。室温計や温度計で確認しながら、ダンボールなどを利用して温度を調節するようにしましょう。日中は窓辺やベランダなどで日光にあてるようにすると、冬場でもちゃんと成長してくれます。室外と同じく、水も最低限の供給で大丈夫です。

冬に多肉植物を育てる注意点

室内で冬を越す場合、他に気をつけることはあるか

多肉植物は湿度が高すぎると腐ってしまうため、室温以外に湿度も気をつける必要があります。水を与える際も、水で温度が低くなってしまわないように水温もある程度気をつけましょう。

同じ室内で他植物と多肉植物を育てていいか

植物にはそれぞれ適正環境があるため、多肉植物に合わせていると他の植物が不適切になってしまう場合などがあります。同じ部屋で植物を室内育成する場合、適正温度が近い植物を選ぶといいでしょう。

寒さに強い品種なのに枯れてしまった

いくら寒さに強い品種を育てていたとしても、湿度が高すぎたり室温が低すぎたりすると植物は枯れてしまいます。温度に気をつけて育てていくことが大切です。

屋外から屋内に移動しても大丈夫か

多肉植物の性質上、屋内での冬越しが向いているため問題はありません。ですが移動させる際は、屋内と屋外の温度差に気をつけるようにしましょう。屋内と屋外で差が開いている場合は、ダンボールなどで植物を覆って1日ほど経過してから室内に移動するようにするといいです。

冬越し後に屋外に戻す時はどうすればいいか

寒すぎず、気候が暖かく安定してきた辺りが最適です。冬が過ぎてから急に屋外に戻してしまうと、また冬の寒さに戻ったりと温度差が出てしまい、枯れてしまうことがあります。

【PR】
寒い冬でも丈夫に育つ植物を育ててみませんか。
手軽に育てられる植物とその育て方を簡単に解説。

多肉植物の魅力

多肉植物はこまめに水やりをする必要がなく、初心者でも育てやすい部類の多肉植物です。種類によっては育てるのが難しい品種などもありますが、基本的には初心者向けといえます。

広告募集中