植物の冬越しは環境を整えることが重要です

植物を寒さに耐えられる状態にする

完全に寒くなりきる前に、植物に追肥をしたり刈り込みをしたりして、花株に体力やスタミナをつけておけば、より寒さに強い植物にすることができて冬越しが楽になります。

冬のガーデニング

冬のガーデニングの注意点

冬越しをする際に必要となる知識は、まず植えている植物に耐寒性があるかどうかといった点です。耐寒性のない植物は、室内で管理しなければすぐに枯れてしまいます。耐寒性がある植物でも霜に弱かったり、極端な寒さには耐えきれない植物などもあるため、自身が植えている植物がどういった環境に適性があるかといった点を把握しておきましょう。

雪や霜に注意する

基本的にはどんな植物でも雪などが積もってしまうと負けてしまうことがあります。しかし植えている植物を全て屋内に移動するということは難しいでしょう。そういった場合、積雪への対策としてビニールハウスが最適です。簡易的なものでも、植物に直接雪が積もるのを防ぐことができます。

気温や湿度に注意する

植物が環境に耐えることができるよう、湿度計や温度計を設置して手入れの際にチェックをするようにしましょう。適切な環境を保っていくことができれば、植物は冬越しができます。

ダンゴムシやナメクジに注意

冬場は環境に気をつけることが重要になってきますが、同じくらいダンゴムシやナメクジに気をつける必要があります。理由としては、ダンゴムシやナメクジは植物の花や草などを食べてしまうからです。ナメクジなどは梅雨時期などのジメジメした時期に生息しているイメージがあるでしょうが、限定的な生物ではないために落ち葉の下などに普段は隠れていることが多いです。

地中に潜む危険

ダンゴムシやナメクジは見て分かる被害ですが、地中にも危険は潜んでいます。日中は土の中に居て、夜中になると行動してくるネキリムシという虫がいます。ネキリムシは、その名前の通り植物の根を切る害虫です。根以外にも花や茎が根元から切れていたら、このネキリムシの仕業である可能性が高いです。土を掘り起こしてる時などに見かけたら駆除するようにしましょう。

広告募集中